女性

葉酸の効果と使用

無脳症の予防に葉酸

ウーマン

男性の精子と女性の精子が受精すると、受精卵になります。しかし受精卵の段階では、人の姿形とはかけ離れた状態です。そのため受精卵は、そこから細胞分裂を開始して、徐々に人の姿形になるように分化していきます。そうした点で神経管は、人の脳や脊椎の元になる部分です。反対に神経管の発達が阻害されると、脳や脊椎に異常がある子供ができることになります。とくに脳の発達が阻害されると、無脳症という脳が存在しない子供になります。こうした無脳症の子供は、流産のリスクが高いことから不妊の要因です。そこで注目されているのが、不妊サプリとして葉酸を摂取することです。葉酸の不妊サプリを摂取すると、神経管の発達が阻害されないため、無脳症の予防につながります。したがって今後は、葉酸を不妊サプリとして摂取することが、増加すると予測されています。

産婦人科に相談

ただし現在の日本では、葉酸の不妊サプリとして使用することが、それほど多くありません。結果として現在の日本における無脳症は、発生率があまり低下しないままです。これに対して欧米では、無脳症の発生率が、急激に減少しました。その背景になっているのが、欧米において葉酸の不妊サプリが使用されるようになったことです。例えばアメリカやイギリスでは、無脳症の発生率が、使用前の1割程度になりました。しかし日本の葉酸の不妊サプリの使用率は、出産適齢期の女性の1から2割です。そのため日本では産婦人科において、葉酸の不妊サプリの使用を推奨しています。したがって葉酸の不妊サプリは、産婦人科に相談すると、適切な使用法を教えてくれます。